印象派と浮世絵 (8) - ピサロのジャポニスム - 浮世絵ぎゃらりぃ
浮世絵ぎゃらりぃ

印象派と浮世絵 (8) - ピサロのジャポニスム

スポンサーリンク

ピサロ

オペラ座通り 陽光 冬の朝

ピサロも構図に関して浮世絵の影響を大きく受けています。
一見なんでもない街の風景のように見えますが、このように高い位置から俯瞰する視点は、浮世絵では決して珍しくないものの、西洋絵画ではあまり使われない手法なんです。
タイトルに「陽光」とあるとおり、幻想的に輝く朝の光の世界を、非常に明るい色使いで描いていますね。彼のこの色使いもやはり浮世絵から学んだものであることを、当時の詩人アルマン・シルヴェストルも指摘しています。

田舎の小間使いの女

この絵も同じく、やや俯瞰する視点で描かれ(西洋の伝統手法では、必ず画家の目の高さから、遠近法を用いて描かれます)テーブルを画面から半分切り捨てたアンバランスな構図を取っています。
よく見ると、壁には日本画も飾られていますね。

スポンサーリンク