浮世絵ができるまで(8) - 色版 - 浮世絵ぎゃらりぃ
浮世絵ぎゃらりぃ

浮世絵ができるまで(8) - 色版

スポンサーリンク

5.色版(いろはん)

絵師の色指定を元に、彫師は色ごとのパーツとなる版木(色版)を作成します。
墨版を作ったときと同じ要領で、色指しの済んだ校合摺りを板に貼り、色指定の部分を残して削り取っていきます。
色のつく部分がとても小さい場合は、「彫りぬき」といって、版木の節約のために他の色版の空いたスペースを使いまわすこともあったようです。
また、中間色を表現するときも、たとえば緑が一部分だけ必要な場合は、その部分を青の色版と黄色の色版に持たせておいて、重ね摺りすることでその色を出し、版木をその分節約するといったことも行われました。

スポンサーリンク