彫りと摺りの技術(5) - から摺り - 浮世絵ぎゃらりぃ
浮世絵ぎゃらりぃ

彫りと摺りの技術(5) - から摺り

スポンサーリンク

から摺り

これは袖口の部分。
ここにもエンボス加工が見られますね。
でも彩色はされておらず、紙の無色の部分にエンボスだけがつけられています。

この技法は「から摺り」といって、顔料を乗せずに白紙の部分に木版の凹凸だけを写すやり方です。
色が乗っていない部分なのですから、普通なら何もせずただの空白で済ませるところですが、こういうところにも手を抜かないのが江戸の職人技ですね。
遠目にはただの白い部分としか見えない部分にもこうしてひと手間かけることで、本当の布地のようなリアルさが増すわけです。

ちなみにエンボス表現されている文様は卍をくずした連続模様で、「紗綾型(さやがた)」といわれる柄です。

スポンサーリンク